「ワクワク」と「ドキドキ」が全てです。


世の中で価格競争ほどバカバカしいものはありません。

そして価格競争は大が小を食いつぶすまで終わりません。

無駄なことはやめて、ワクワクとドキドキを売りましょう。