ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

オリジン弁当に教わる松竹梅の奥深さ(その1)

Pocket

==========

松竹梅の法則

==========

 

本日のBGM

中村一義

『キャノンボール』

https://www.youtube.com/watch?v=QSaydVwiNqs

「元・天才』

 

 

「魅せ方の殿堂』

強み発見のプロ鶴です。

 

===========

 

昨日に引き続き、

「幕の内弁当」のお話です。

 

昨日は、

秋元康さんの名言

「記憶に残る幕の内弁当はない』

から、

お客様の記憶に残るには

何が必要か?

と言うお話をさせていただきました。

 

今日は

少し視点を変えて

 

「じゃあ、どうすれば、

幕の内弁当の売り上げを

あげれば良いか?」

 

について、

お話させていただきます。

 

==========

 

まずは一つ目。

 

『松竹梅の法則』

 

関西ではそれほど見ませんが

関東を中心に人気の

 

『オリジン弁当』

 

ドンキとイオンで取り合いになった

ニュースを覚えている方も

多いかもしれません。

 

そのオリジン弁当が

20129月、

それまで450円の

1種類だった幕の内弁当を

 

(梅)幕の内弁当   450

(竹)上幕の内弁当  490

(松)特上幕の内弁当 690

 

の、3種類に。

 

上位商品を2つ増やしました。

 

(ちなみに今はメニュー構成が変わっています)

 

そこで、

そうですね

もうあなたの予想通り

真ん中の

『上幕の内弁当490円』が

最も売れて、

幕の内弁当カテゴリーの売り上げは

前年比178になったそうです。

 

ここで普通ならば

「極端の回避」がうんたらとか、

コンサルタントなら

言いたくなるのですが、

そんなことはまぁ

言葉を難しく言ってるだけで

みんな知ってるし~

違う目線でお送りしますよ!

 

ポイントの一つめは!

 

本来ならば、

元々からあった

『幕の内弁当』を竹に設定してしまう。

 

そして、上位下位を作ってしまいがち。

 

つまり一番売りたい商品が何か?を

間違ってしまうことが多いのです。

 

例えば

全く同じ客数のお客様が

幕の内弁当を買ったとした場合。

 

(実際は新メニューだったら

ポスターやポップ、声かけなどの

販促活動をしますから、

同じことはないですが)

 

今まで通りの価格450円で

幕の内弁当が10個売れると4500円。

 

そして

一般的に言われている松竹梅の割合、

松2割:竹5割:梅3割

に当てはめてみますと、

 

竹が450円のままで、

松が490円、

梅を仮に400円に設定

 

(梅)40×3=1200

(竹)450×5=2250

(松)40×2=980

 

と言うことは、

合計4430円で70円マイナス!

 

ところが、

同じ割合でオリジン弁当方式を試してみると

 

(梅)450×3=900

(竹)490×5=2450

(松)690×2=1380

 

合計が4730円。プラス230円。

 

もちろん、

価格相当の価値は必要です。

 

単なる値上げでは

お客様は離れていくだけですから。

 

価値が価格を上回っていて、

お客様の欲しいものを提供できれば。

 

メニュー構成で売り上げを

上げることが出来る。

 

意外と見落としてるかもしれませんよ?

 

あなたも一度確認してみては?

 

「幕の内弁当の売り方』

長くなりそうなんで

続きはまた明日にお送りします。

お楽しみに!

===========

「魅せ方の殿堂」メールマガジン

ブランディング・差別化・ポジショニング

USP・強みなどなど。

言い方は違えど全ては魅せ方次第。

無料で登録できます!

    

https://48auto.biz/wakuwakupop/registp.php?pid=2

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-マーケティング