ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

Date: 2017年4月28日

いずればれまっせ!それ!

本日のBGM

Elvis Costello & The Attractions

Oliver’s Army

https://www.youtube.com/watch?v=LrjHz5hrupA

 

===========

 

「成果主義。」

 

年功序列の時代から

新しい世の中に代わりつつあった。

 

いや、すでに代わっていた。

Dに入って

そう思いました。

 

ただ、

僕は好きなのですが、

行きすぎるのも

弊害があるみたいで。

 

===========

 

今でこそ300を超える店舗があり、

各地に支社機能があります。

 

その昔、入社当時は全国で60店舗くらい、

まだ関西には5~6店舗しか無かったので、

いわゆる本部機能みたいなものもなく、

江坂に小さな事務所があるだけでした。

 

かといって、

 

東京の本部から何か商品の送り込みとか、

売り場の提案があるわけでもなく、

自前主義とでも言いますか、

なんでも自分たちでしなければ

ならない時期でした。

 

そこで、

代わりに機能していたのが

ブロック長という制度でした。

 

担当者として

自分の店舗を持ちながら、

他の店舗も指導に周る。

 

全部で7つの事業部があり、

最初は7人のブロック長がいました。

 

もちろん、

全員が同じ店舗だと

店舗業務が回らないので、

ある程度ばらけて配置されていました。

 

そんな頃、

入社して数ヶ月、

早くも2店舗目配属された店舗の

ある部門のブロック長に

Aさんがいました。

 

大体、関東出身の入社数年の方が

大阪に単身赴任で来て

店長、ブロック長などの

要職を歴任していました。

Aさんもそんな感じの方で

お店の近くの借り上げマンションに

社宅として独り暮らししていました。

 

ここだけの話、

最初の店舗は店長と

折り合いが悪く、

急遽追い出された感じで

2店舗目の店舗には

行く事になったんです。

 

============

 

借り上げマンションの社宅は

単身赴任の方が入る為のもので、

家賃も会社持ちでした。

 

私のような通常の移動の場合、

会社の契約している

レオパレスに自腹で

住まなければならなりません。

 

ただ急な移動で、

部屋を探すひまもなかったので

一時的に借り上げマンションに

居候することになりました。

 

借り上げマンションは3LDLKで、

キッチンや風呂トイレが共用、

残りの各部屋が個室として

割り当てられていました。

 

その先住民?がAさん。

 

シフトも部門も違ったうえに、

ブロック長で各店舗を飛び回っている訳で、

がっつり関わることはなかったのです。

 

とはいえ、

同居人ですし、

何せ勤務時間も長いので、

店舗でも、マンションでも

それなりにお話しすることはありました。

 

そんなある日、

突然の別れを告げられました。

 

「急に辞め事になっちゃってさぁ~、

何か、家財道具でいるものある?」

 

入社すぐで、

あまりのしんどさに急に辞めるとか、

突然蒸発するなんて人は割りといました(笑)

 

無断欠勤で、電話も出ない。

さすがに家に行ってみると

もぬけの殻!みたいな。

 

でも、

腹くくって単身赴任で来てるひとが

そんなことするかなぁ~

と、少し引っかかったのですが。

 

その後すぐに、

挨拶もそこそこにいなくなりました。

 

競合他社に

スカウトされたらしい。

そんな噂でした。

 

===========

 

しばらくたって、

ある話を聞かされました。

 

「やってたらしい」

 

自分がブロック長をしていた部門以外の

他部門の売り上げを付け替えたらしい。

部門によって、単価が違います。

 

彼がブロック長をしていた部門は、

低単価で数を売る部門。

 

ちょいちょい、

他部門の高単価の商品が売れると

それをレジの操作で返品して

自部門の売り上げにしていたらしいです。

 

店舗としての売り上げは同じですが、

売り上げを取られた方の担当は

わかっていいはずなんですが、

棚卸しで数が合わない為、

ようやくわかったらしい。

 

転職の際の粉飾決算。

 

とでも言うか、

辞め方からして

実際には辞めざるを得なかったのか?

 

いや~東芝のニュースを見て

規模こそ違えど、

いずれ悪事はバレますよ。

というお話でした。

 

===============

「魅せ方の殿堂」メールマガジン

ブランディング・差別化・ポジショニング

USP・強みなどなど。

言い方は違えど全ては魅せ方次第。

無料で登録できます!

    

https://48auto.biz/wakuwakupop/registp.php?pid=2

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

あなたの知らないやるやる詐欺の世界

本日のBGM

Coldplay –

Viva La Vida

https://www.youtube.com/watch?v=dvgZkm1xWPE

 

===========

 

中学くらいまでは

そうでもなかったのですが、

高校時代は理数系がからっきしダメで

物理だったか何だったか(それさえ憶えてない)で、

41点を取ったことがあります。

 

ほんとは39点で赤点だったんだけど、

先生に泣きついて

何とかおまけで△をつけてもらって

休みの期間の補習を避けることができました。

 

今思い返してみると

ほんとは赤点で補習の方が良かったんじゃないか?

 

なんて風に思えます。

 

ギリギリセーフで切り抜けたおかげで

その後も振り返ることなく

苦手は苦手のまま、

理解しようとすることなく

終えてしまったんですから。

 

今の生活の中で、

全く役立つこともないと思いますが、

それでもね、

 

「うまいこと回避した!」が、

 

果たして良かったのかなぁ~

 

大人になると

赤点はもちろん取れませんが、

何としても100点を目指さなければ!

という場面が、

学生の頃よりも多くなる気がするんです。

 

=============

 

先日も書きましたが、

今の実力でゴルフが上手くなる方法は、

 

「最初からパーを狙わない」

 

ゴルフをご存知ない方に簡単に説明しますと、

通常のスポーツは多く点を取った方が勝ち。

 

逆にゴルフというスポーツは、

できるだけ打つ数を少なくする。

 

その際の標準がパーです。

パー4なら4打で穴に入れれば

±0ということになります。

 

ただこれがね、

まぁ簡単にいうと

上手い人の標準とでもいいましょうか?

 

自分のレベル・実力も考えず、

全てそれを狙いに行くから

さらにたくさん打ってしまう。

 

最初から1プラスを狙って

上手くいけば±0の考え方の方が

結果上手く行く。

 

ゴルフは

ナイスショットの数を増やすより、

いかにミスの数を減らすか?

いかにミスを修正するか?

 

いやぁ~ほんとは

ナイスショットの打感って

気持ちいいんだけどなぁ~

 

===========

 

先日、

新しいセミナーを開催しました。

 

「わずか半日で

しかも無料で

ランディングページを作る方法」

 

できるだけ再現性を考えて、

誰でも出来るものを

お伝えしたつもりです。

 

でも内容よりも、何よりも

もっともお伝えしたかったのは、

「最初から100点を目指さない。」

ということです。

 

これが本業ならば

100点を目指すべきなのでしょうが、

我々の場合、本来の目的は

まず未来のお客様に見てもらうこと。

 

39点ならば、

今一度補習ですが、

それ以上なら

まず世に問うてみましょう。

 

============

 

「今の自分にはまだ早い。」

「もう少し、いいのができたら」

そう言いながら、

結局2年もメルマガ発行出来なかったんです。

 

そう、この私のことです。

 

でもね、

やってみれば、

何とかなるものですよ。

何事も。

 

悩んでる時間がもったいないですよ。

もう一度言います。

 

「とにかく世に問うてみる。」

 

それから、考える。

それから、修正する。

 

==========

 

さぁ、

今から始めちゃいましょう!

 

===============

「魅せ方の殿堂」メールマガジン

ブランディング・差別化・ポジショニング

USP・強みなどなど。

言い方は違えど全ては魅せ方次第。

無料で登録できます!

    

https://48auto.biz/wakuwakupop/registp.php?pid=2

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.