ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

ブルーオーシャンを覗き込む

2017/05/06

Pocket

いやぁ~、春ですね~

 

25年前ならウキウキしてたなぁ~

釣りシーズン到来ですからね。

 

今は全然行かなくなっちゃいましたが

 

今は姫路在住ですが、

当時は大阪市内に住んでいました。

 

もちろん、琵琶湖などの

ボートを使った釣りにも行くのですが、

野池(農業用の貯水池)や川などにも行っていました。

 

オカッパリって言うんですけど、

神戸以西の加古川周辺か、

和歌山の大阪寄りの地域、

まだ明石大橋ができる前の淡路島なんかに

よく行っていました。

 

甲子園からフェリーに乗って

わざわざ淡路島まで

小さなダムや野池にオカッパリで

釣りをしに行ってました。

 

淡路島なんて海釣りでしょ!

なんて周りの意見は全く無視で。

 

特に家電量販店で働いていたので

平日休みですから、

どこの池に行っても

ライバルがほとんどいない。

 

一つのルアーに複数の魚が

食いついてくるとか、

池に着いて一投目で釣れたとか、

何せプレッシャーが低かったので

震災で護岸が崩れたり、

明石海峡大橋が開通して便利になるまでは、

本当パラダイスだったんですよ。

 

ところが

ブームとは恐ろしいもので、

その後、何年かぶりに行ってみると、

どの池にも先行者がいるわけです。

 

野池もダムも小規模ですから、

そんなにルアーの投げる場所も

限られてます。

 

加えて、

本来農業のためのものですから、

地元の方の邪魔にならないように

ひっそりやらしてもらってるわけです。

 

駐車の場所なんかもね、

気を使わないといけない。

 

で、全然どこに行っても

ルアーさえ投げれないような感じ。

 

うろうろ、微かな記憶と地図を頼りに

見つけたある野池。

 

先行者ゼロ。

 

『やっと釣り出来るわ~』

 

ところが、

近寄ってみて、

ルアーも投げずに諦めました。

 

おたまじゃくしが大群で泳いでたんです。

 

餌だけがそんなにね、

生き残ってるわけないなと。

 

農業のための池ですから、

冬の間は水を抜いてる池って

あるんです。

 

それはただの水たまり。

まさにそれだったんでしょう。

 

とはいえ、もしやもあるので、

何投かはルアー投げましたが、

案の定投げただけで終わりました。

 

===========

 

先日、あるコミュニティでお会いした方が

こんなことをおっしゃってました。

 

「競合のいないフロントエンドは

ちゃんと完成してるんです」

「この見込み客の潜在的な需要を

どうやって掘り起こすか?」

「コンセプトとフロントエンドは

コンサルの先生に決めてもらったんです」

「ただ、お金が高かったので、

そこでやめてしまって、

それ以降どうしたらいいのかわからないので、

誰か安くやってくれるコンサルいませんか?」

 

詳しく聞いてみると

なるほど、

ターゲットは絞り込んであるのですが、

本当に需要があるのかなぁ?

 

リサーチをもう少しちゃんとやった方がいいのになぁ?

 

途中から関わるのも

リスクしかないしなぁ?

 

と、自分も含めて、誰かを紹介するのも

難しいと思いました。

 

=============

 

ブルーオーシャン(競合のいない)

レッドオーシャン(競合だらけ)

一見すると

一隻もライバルの船が浮いていないからといって

ブルーオーシャンの方がいいと思うかもしれません。

 

実はそう思って出航した先行者の船が

たくさん沈んでるなんて

オチかもしれませんよ。

 

きちんと水面下をのぞいてみましょう。

 

ただの水たまりだったら、

おたまじゃくしに鼻で笑われちゃうかも?

 

おたまじゃくしに鼻なさそうですが?

 

===============

「魅せ方の殿堂」メールマガジン

ブランディング・差別化・ポジショニング

USP・強みなどなど。

言い方は違えど全ては魅せ方次第。

無料で登録できます!

    

https://48auto.biz/wakuwakupop/registp.php?pid=2

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-マーケティング, 世界観