こんにちは。

 

あなたがいくら自分の特徴を

繰り返しても

伝わらないのは

〇〇〇〇が伝わっていないから

 

「魅せ方の殿堂」

 

販促コンサルタントの

鶴晴司です。

 

 


 

今日は

私が世に広める使命を感じて

独立することになった

 

「ロングステイ戦略」

 

について、お送りします!

 


 

 

普段あまりテレビは

見ないのですが、

そんな私でも毎週必ず

見る番組がいくつかあります。

 

そのうちの一つが

日曜朝の

「がっちりマンデー」です。

 

ところで、

日曜日の朝なのに

なぜ「マンデー」だかご存知ですか?

 

日曜日に勉強して

明日月曜日からの仕事に役立てよう。

と言う理由なんですって。

 

で、話は戻って

 

今回のテーマは

「儲かる地味チェンジした会社」

 

登場したのは

「オリジン弁当」

「メガネスーパー」

「ミスターミニッツ」

そして

「CoCo壱番屋」

 

カレー屋さんのチェーンって言うと

どちらかといえばファストフード。

回転率が重要な部類のお店です。

 

回転率を上げるには

どうするか?

 

どうすると思います?

 

答えは

「長居しにくくする」です。

もっと細かくいえば

「メニューの種類を減らす」とか、

「椅子自体を硬くする」とか、

「アルコールを出さない」など

いろいろあるんですが。

 

さっさと食って

さっさと帰ってもらう。

 

お客様をさばく。

みたいな感じ?

 

あんまり好きではないのですが

ビジネスモデルとしては

もちろん成立してるので

ありですよね。

 

 

ところが

「CoCo壱番屋」は

真逆の「快適性」を

地味に選択して

売り上げを伸ばした。

 

1、テーブルにスマホの充電や

 パソコンに使えるコンセントを設置した。

2、漫画を揃えた。

(これは前からあったと

 思うのですが…)

3、コンビニで見かけるような

 コーヒーマシンの設置

 

今までの回転率重視の考えから行けば

真逆の発想です。

 


 

なぜかと言うと

かってのやり方では

ランチやディナーのピークが終わると

お客様がほとんどいなかった。

 

ガラーンとしているから

余計にお客様も入りづらくなる悪循環。

 

そこで

お客様が入りやすくするために

「喫茶店みたいにしてお客様に長居してもらおう

と考えた。

 

要は「サクラ」になってもらって

来店客数をトータルで増やす。

 

それだけで年間10%も

売り上げが伸びたんですって。

 


 

 

もともと、

「ロングステイ戦略」

(いかに長く滞在してもらうか)は

あらゆる業種に使えます。

 

 

例外として使えないと思うのは

「ドライブスルー」と

「自動券売機」の2つくらいかな。

 

たとえそれが

ファストフードのお店でも

立ち食いのお店でも。

 

さらにリアルだけでなく

ウエブの世界でも同じこと。

 

ただいま、

ロングステイ戦略を

体系的にまとめて

本にするため

鋭意執筆中です。

 

さらに、

個人が選ばれる理由においても

使えまっせと言うことで、

こちらの方も

興味のある方は

ぜひどうでしょう?

↓↓↓↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/wftip

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.