ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

Month: 1月 2017

おみくじに重大な脆弱性を発見!

こんにちは。

 

価格競争に巻き込まれずに

売りたい商品が

自動的に売れて行く

 

「ロングステイ戦略」

 

販促コンサルタントの

鶴です。

 


 

お正月の初詣には

行かれましたか?

 

私は今までは

ほとんど行ったことが

ありませんでした。

(40数年のうち、

片手で足りるくらいです?)

 

ところが、

ここ3〜4年は

毎年

近所の神社に行っています。

 

有名なところではないので

わからないのですが、

三が日は混んでそうなので、

それが過ぎてから行っています。

 

だいたい初詣って

いつまでに行けば

正解なんでしょうね?

 

まぁ、出来るだけ早く行けば

いいんじゃないの?

ってことで、

ようやく今日(遅!)

行ってきました。

 

行くことに意義がある!

行かないよりはマシ!

と、言い訳しつつ(笑)

 

神社はちょっとした山の上に

あるのですが、

金毘羅さんなどと比べると

全く大したことのないその石段を

登っただけで速攻息切れです。

 

今年こそは

運動不足解消しなければ。と、

新年の目標わ一つ増やしながら

境内に到着。

 

 

お賽銭をそこそこ張り込んで

アレヤコレヤと

お値段以上にお願い。

 

そして、

その隣のおみくじの自販機で

おみくじを購入することに。

 

自販機ってのが

あんまりありがたみが

ないんですけど…

 

100円硬貨を入れると、

下の取り出し口におみくじが

落ちてくる仕組みです。

 

自販機に貼ってあった

手書きの注意書きによると、

もし出てこない場合は

上のお皿に乗ってる

おみくじから選べとのこと。

 

確かに機械の上の木皿に

開けていないおみくじが

10個ほど乗っています。

 

なんて、アバウト!

と、思いながら、

100円硬貨を投入。

 

するとですねぇ〜

なんと

取り出し口に

おみくじが2個!

 

もしかしたら、

最初から1つ取り出し口に

あったのかもしれませんが、

どうしましょう?

とにかく2個あります。

 

う〜ん、

機械の故障なら

先に落ちてきた方が

正しいような気がするし…

 

元々1つ残ってたのなら

上に乗ってる方が

自分が引いたものだし…

 

考えてもまぁ正解が

わからないので、

まぁそれも運試し。

 

適当にシャッフルして

1つは自販機の上の木皿に

戻しました。

 

で、結果は。。。

 

「末吉」

 

という微妙なもので。。。

 

しか〜し!

 

人生とは

二者択一の連続ですからね。

自分が選んだ方が正しいと

思って頑張りましょう!

 

とはいえ

 

こうなると、

もう一つのくじが

なにだったのか

気になるなぁ〜

 

 

PS:

ちなみに

本来は悪いくじが出た時だけ

木の枝に結んでたそうです。

 

「凶」を神社に閉じ込めて

「吉」に転じるようにとの

願掛けのために。

 

今では良いくじでも

結んで帰る人が多いですが、

せっかくの「吉」も

置いて帰ってるってこと?

 

来年良いくじが出たら

持って帰ろうかなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

「福袋力」を鍛えるための方法

こんにちは。

 

価格競争に巻き込まれずに

売りたい商品が

自動的に売れていく

 

「ロングステイ戦略」

 

販促コンサルタントの

鶴です。

 


 

今日は少し買い物をしようと

梅田の某百貨店に。

 

世の中の動きと全く違う

ライフスタイルなもので…

今日は祭日だったんですね。

 

どうりでお客様が多いはずです。

逆に電車は空いてるはずだわ…

 

年末と比べると

もちろんましなんでしょうけど。

 


 

目的の買い物を済ませて

とっとと帰ろうと思ったのですが、

年始と冬物のセールも

まぁ多少気になったので、

軽く店内を一周。

 

季節ものは

去年のうちにいかに売るか?

ですからね。

 

山盛り残ってるようじゃ

ダメなんだけど…

 

今年は暖かいから

結構ありましたね。

どのお店も。

 

そして、こちらも

まだ結構ありましたね。

福袋。

 

中身の見える福袋。

中身のわかる福袋。

中身のわからない福袋。

 

以前は売る方の立場だったので、

はっきり言わせてもらうと

今日なら買わない。です。

 

残り物には福がある

って言いますが、

残念ながら嘘ですからね。

 

初日に、

それがお仕事の

セドリストの皆さんが

抜け目なく

かっさらっていってます。

 

 


 

その昔、ドンキで

おもちゃの担当者だった頃、

ちょうど

「ヘイボタン?」が

ブームでした。

 

15年くらい前かな?

 

テレビ番組の中で

使われていたんですが、

ボタンを押すと

「へえ〜」って言うだけの

ものです。

 

今考えると、

何が面白いねん!

ってことですが、

当時はものすごいブームでした。

 

注文しても入って来ない、

しかしながら、

お客様からは

問い合わせの電話ばかり。

 

おもちゃメーカーは

ご存知のように

「品切れマーケティング?」

とでも言いましょうか?

 

故意的にも

意図的にも

事故的にも

この手をよく使うイメージが

あります。

 

「ガンプラ」しかり、

「たまごっち」しかり。

 

代わりに、

ボタンを押すと

「ミャ〜」って言う

パチモンの商品がありました。

 

どこにいっても

本物が手に入らないので、

これでさえ売り切れる始末。

 

これもまた、

おもちゃ業界でよく見る

マーケティングですけどね。

 


 

そうこうしてるうちに

本来の仕入先以外の

ベンダーさん

(ドンキ流に言うと

パートナー様)から

 

「ワンロット(12個)だけなら

ありますよ、どうですか?」

との連絡が。

 

ただし条件があって、

先方の指定の商品も

抱き合わせで仕入れないと

いけない。

とのことでした。

 

普通ならそんな条件

絶対に受けないんですけど、

まさに需要のピーク。

商売人としては

ここは逃せんだろう。と、

仕方なくのんだんです。

 

いやぁ〜、

案の定、いや、

それ以上。

 

クソみたいな商品でした。

 

どうにもならないので、

全部まとめて

「本物のヘェ〜ボタン入り」の福袋に

変身ということに…

 

 


 

そして、

店頭に出して、

ものの数時間で完売。

 


 

そこから、

ほんの数ヶ月もすると

ブームも去り、

すっかり商品も忘れ去られ…

 

当時お買い上げいただきました、

お客様ごめんなさい…

 

合掌

 


 

 

商品が売れるには

 

価値が価格を上回る

 

つまり

 

バリュー>プライス

 

である必要があります。

 

単品ならわかるんですけどね。

 

ところが、福袋って

その辺りの冷静な判断が

出来なくなってます。

 

雰囲気とか、

ブームとか。

 

少なくとも中身の見えない福袋は

買わないことをお勧めします。

 

売ってた人間がいうんだから

多分間違いないですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.