ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

ワイはエレベータートークの王様になるんや!

2016/11/24

Pocket

こんにちは。

 

価格競争に巻き込まれず

売りたい商品が

勝手に売れていく

 

「ロングステイ戦略」

 

販促コンサルタントの

鶴です。

 

ブランディングの最終回は

セルフブランディングの

基本中の基本。

「自己紹介」

について

お話しさせていただきます。

 


 

 

エレベーター・トーク

もしくは

レイザー・トーク。

 

って、ご存知ですか?

 

エレベーターに

乗っている間の

ごく短い時間に

相手に伝えるための方法。

 

レイザーは、

光線じゃなくて、

カミソリ・髭剃りの刃のことで、

切れ味鋭い。ってことかな。

 

 

 

具体的には、

ランチ会や勉強会、

異業種交流会、

紹介された時など。

 

名刺交換ってしますよね。

 

その時なんかに

使うと効果的な方法です。

 

伝える内容は

職業によって異なります。

 

私のように

自分自身が商品の場合は

簡単に言うと

「自己紹介」

と言うことになります。

 

もちろん、

何かの商品を

相手先に販売したければ

商品紹介ということにも

なりますが。。。

 

その際も、

まずは自己紹介の割合が

ある程度のボリュームで

ないとダメですね。

 

まずは、

誰かわからない人から

商品なんて買いませんからね。

 


 

そして、

いきなりそこで

セールスするわけでは

ありません。

 

 

要は、いかに

 

より短く

相手に伝わるか?

 

より短時間で

相手に刺さるか?

 

「もう少し、

詳しく聞かせて

もらっていいですか?」

 

を引き出すため。

 

もしくは

こちらの希望する

 

「行動をしてもらう」

 

ためのものです。

 


 

いくら良い商品でも

売れるとは限りません。

 

欲しがっている人に

欲しい商品を

いかに勧めるか?

 

お店でいうと

まずは見つけてもらう。

アイキャッチのところが

このエレベータートークに

なります。

 

まぁ、

私も偉そうに言ってますが、

師匠の講座で

やり始めてから1年半。

 

ようやく最近、

固まってきたかなぁ?

と、

 

最初は、

紙に書いて、

「1分間自己紹介」

として繰り返し練習しました。

 

とは言え、

実際の場面では

毎回1分というわけにも

行きませんしね。

 

30秒であったり、

先日はプレゼンの際に

4分くらいの

ロングバージョンを

披露したり。

 

さらに、

途中で質問されたり

する場合もあります。

 

元々の台本からは

臨機応変に変化させて

喋らないといけないわけです。

 

いかに自然に、

しかし、

中でも必ず伝えなければ

いけないところは

どのようにして

必ず伝えるか?

 

でもまずは、

骨格づくりが必要です。

 

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

https://www.facebook.com/events/1662548020723425/

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-世界観