ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

黒服・白手袋に愛想はいらない。の巻

Pocket

こんにちは。

 

 

品ぞろえを変えず

人件費も増やさずに

売上を上げるを唯一の方法

 

 

「ロングステイ戦略」

 

販促コンサルタントの鶴です。

 

 

今週は

「ブランディング」

について

お送りしております。

 


ブランドと言えば

何を思い浮かべますか?

 

ルイ・ヴィトンとか、

グッチとか、ですか?

 

ご存じのようにドン・キホーテでは

ブランド品を取り扱っています。

 

トイレットペーパーから

ロレックスまで何でも揃って

便利なお店です。

 

ところがね

値段が安いせいで

偽物だと言うバカもいました。

 

もちろん本物なんですよ。

 

偽物なんて置いてると

捕まっちゃいます。

 

そんなリスク犯すと思います?

 

 

それこそ営業停止です。

 

 

正規店より安いのは

並行輸入品が多い上に

薄利で販売しているからです。

 

安く買ったら高く売れ。

高く買ったら安く売れ。

 

一流品は安く売ります。

1.5流品は高く売ります。

 

つまりですねー、

集客用の商品と

利益を得る商品は

別ってことですね。

 


でもね

本当にルイ・ヴィトンが

好きな人は直営店で買います。

もしくは

買ってもらいます(笑)

 

昔、一回だけ

心斎橋の直営店で

黒服・白手袋の

キリッとしたお姉様から

買ったこと。。。

買わされたことがあります。

 

 

決してディスってるわけじゃ

ないですよ。

 

あれは、

あれでないと

成立しないんです。

 

ティファニーだって

あのティファニーブルーの

紙袋のために

直営店で買うんじゃないですか。

 

 

最近は以前よりは見ませんが

あの紙袋にお弁当入れて

通勤しているOL さん

よく見ましたね。

 

本来彼らは安売りしません。

 

ルイ・ヴィトンは

もともと海洋航海用の

トランクから始まりました。

 

丈夫な上に遭難した際には

浮き袋の代わりになり、

沈没したタイタニック号から

数十年後に

引き上げられた遺品の

トランクの中身は

水に濡れずに

そのままで発見されたとか。

 

 

元々優れた商品だったが

コピー商品に悩まされ、

初期のモノグラムは

職人が手書きで書いて、

偽物を撲滅した。

 

などのいろんなストーリーがあります。

 

「頑張った私へのご褒美。」

 

 

それに対して1.5流の商品は

アウトレットに出品したり、

季節によってセールをしたり、

価格で対抗しようとします。

 

これが強すぎると

ブランドとしての価値がなくなって

その他大勢に紛れてしまうわけですね

 

どことは言いませんが

すっかり埋もれてしまったメーカーって

思いつくだけでも

結構あります。

 


 

そうなんです

売上を上げるために

価格を下げようとするから

ダメなんです!

 

価格に頼らずに

ブランド力を維持しようと思えば

ストーリーが大事なんです

 

魅力的なストーリーは

それだけで

あなたの商品サービスを

周りに紹介してくれます。

 

商品のストーリー。

商品開発のストーリー。

開発したあなたのストーリー。

お店のストーリー。

 

あなたのファンが

周りに話したくなるようなもの

ってないですか?

 

それがお金も使わずに

あなたのブランドを作ってくれます。

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-マーケティング