こんにちは。

 

価格競争に巻き込まれずに

売りたい商品が

自動的に売れて行く

 

手間なしポップ

コンサルタントの鶴です。

 


 

ソフトバンクの

全国指定のお店で

11月3日

「いい買い物の日」

キャンペーンの一環として、

旧モデル・店頭在庫限りとはいえ

アップルウオッチが

なんと

11,111円で販売される。

 

しかも、ほぼモデル関係なく!

 

とのニュース。

 

そしてこれが近所のお店も

対象店舗になっていたんです。

 

ソフトバンクユーザーでは

ないのですが、

こりゃ行かないといけないでしょ!

 

ところが気づいたのが、

ちょうど昼前くらい。。。。

 

さすがにないわなぁ。

でも念のため行ってみるか。

 

と、思ったのですが、

少し調べてみると

ツイッター始め

SNSがざわついてる

じゃないですか!

 

「朝から並んだのに

最初から在庫がない。」

 

早速まとめ記事みたいなものも

できてきて、

「開店時から在庫なし」

の店舗がなんて多いこと!

 

ありがとう、ツイッター。

 

ありがとう、SNS。

 

無駄足踏まずに済みました。

 

そして、並んだ皆様、

お気持ちお察しいたします。

 


 

 

これってそもそもキャンペーンって

いうのかしら?

 

おそるべし

ソフトバンク。

 

確かに「店頭在庫限り」と

表示しているとはいえ。。。

 

さすがに最初から

一つもない。ってのは

ひどい話だと思いますね。

 

事前に

本部で在庫管理して

振り分けたりしないんでしょうか?

 

これこれこう言う

キャンペーンがあるので

当日まで店頭には出さないように

みたいな指示が

本来あるべきですよね。

 

ある意味お店の人も

被害者と言えるんじゃ

ないですかねぇ?

 


 

昔から

例えば

Wデンキのチラシの

ブランド物は

朝一並んでも

在庫がなかった。

 

とか、

 

なんとかホールを

借りて行われる

ブランド市みたいなものも

朝一から並んだのに

目玉の商品がはなからなかった。

 

なんて話はたまに聞きます。

 

結局、お客様を

集めるためにやってるのに、

減らすだけですからね。

 

最初からやる意味が

わかりません。

 


 

ドン・キホーテの上司には

こう聞かされました。

 

「チラシはお客様への招待状」

 

だから、初日の朝一から

在庫がないなんてことは

詐欺である。

 

他の店に頼むなり、

パートナー(仕入先)に

お願いするなり、

どうしてもなければ

他社に行って自腹で購入

するなりして、

何が何でも揃えろ。

 


 

 

マーケティングで言うところの

ライフタイムバリュ、LTV。

顧客の生涯価値。

 

結局、一人のお客様に

一生でいくら使ってもらうか?

いかに長く関係してもらうか?

 

が、軽く見られてる

ってことなんでしょうね?

 

通信会社なんて

もっとも大事だと思うけどなぁ〜

 

あなたのお店はどうですか?

 

LTVの視点でお客様に

接していますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.