ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

うどんマーケティング2016秋

Pocket

こんにちは。

 

価格競争に巻き込まれずに

売りたい商品が

自動的に売れて行く

 

手間なしポップ

コンサルタントの

鶴です。

 

 

月に一度

「兵庫生まれの讃岐うどん」

こと、丸亀製麺に

うどんを食べに行ってます。

 

特別うどんが好きってわけでも

ないのですが、

 

あのコマーシャル見たら

行きたくなりますよね〜

 

 

毎月毎月

新しいメニューが

出てくるのですが、

どれも結構

美味しそうでしょ。。。

 

今月は

「史上最幸肉量

牛すき釜玉うどん」

 

ネットでは

このメニューのために

人件費を増やした話が

取り上げられていました。

 

わざわざ、

注文を受けてから

電磁調理器を使って

一人前ずつ

肉を焼く。

 

そのために各店で

アルバイトの人を集めて

研修まで行った。

っていう話。

 

本来なら

大手になればなるほど

オペレーション、

効率化を考えます。

 

いかに少ない人件費で、

いかに短時間に商品を提供し、

いかに早くお客様に

お帰りいただくか?

 

ちゃっちゃと作って

ちゃっちゃと出すから、

ちゃっちゃと食って

さっさと帰ってね!

 

ってことですね。

 

ところが今回の

すき焼きうどんは

これの逆を行ってます。

 

本来のチェーン店の

発想ならば、

大鍋で作り置きした

牛すきを用意して、

あとはかけるだけ。

 

そうなると、

人件費も要らないし、

研修も要らないため

誰でもできるし。

 

それでなくても

丸亀製麺はもともと

アプリのクーポンで

天ぷら一つ無料だとか、

半額だ、なんてやってました。

 

さらに会計時には

次回来店時に使える

クーポンも貰えるし。

 

結構やりすぎ感の

あるぐらいの販促を

やってますからね〜

 

そういったお店が

手のかかる商品を

提供するわけです。

 

来月以降が

どうなるのか?

 

今後もこのパターンで

やってくるようなら、

特に個人で経営されている

お店なんかにとっては

脅威になるのでは

ないでしょうか?

 


 

小が大に勝つには?

 

人がやらない

(めんどくさい)

ことをやる。

 

ですからね。

 

いやぁ〜

ほんと

来月以降の動向が

気になりますね。

 

おそるべし、

丸亀製麺。

 


 

トリドールが経営してるから

だかどうだかわかりませんが、

「かしわ天」がとにかくうまいので

常に注文します。

 

でも、とり天は

あんまりうまくないんだよなぁ〜

不思議?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-マーケティング