Pocket

こんにちは。

 

品揃えを変えず

人件費も増やさずに

売り上げが上がる

 

そして

 

ベビーフットで

一皮剥けた!

 

手間なしポップコンサルの

鶴です。

 

昨日はアレの話でしたが、

もう一つのソレの話は

すいません。

また後日で。

何をやってもダメな時って

どうしますか?

 

 

 

配牌がバラバラだけど

九種九牌って訳でもない。

 

風に関係ない字牌ばかり

重なる。

 

カンチャンが一つも入らない。

 

逆に筋を切ったら、

カンチャンで待たれてて、

振り込んでしまう。

 

3、9ピンを切ってるのに

6ピンでしかも

ダマテンって!

 

親の一本場、

ハネマン狙える

イーシャンテン。

そこで、あっさり

役牌のみで流される。

 

(こうなったら、

マニアックな

女性向けでない話題で

ガンガン推していきますよ。)

 

 

マージャンに限らず、

ギャンブルでは

よくある話じゃないかと

思うのです。

 

結局、

勝てる人は

このような時にいかに

マイナスを少なくするか?

に注力してます。

 

しかしこれは

一朝一夕にできること

ではありません。

 

普通の人は

なんとか

その場で取り返そうと、して、

さらにドツボに

はまってしまう…

 

「一喜一憂しない」

 

株で大損こいた時に

ついつい

愚痴っちゃったんですが。

 

それに対して、

知り合いの女性に

言われた一言。

 

いやぁ〜

なんだか彼女

違うなぁと思ってたんですよね。

そこはかとなく

漂う大物感。

とでもいうのでしょうか?

 

別に上司だとか

偉い先生だから

気づきが与えられる。

というわけでは

ありません。

 

どこにでも

気づきはあります。

 

気づくかどうか?

 

取り返しのつかない失敗を

起こさない。

くらいの程度で

一喜一憂しないのが

いいんじゃないかと

思うんです。

 

商売でも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.