ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

Date: 2016年9月28日

筆文字ポップに挑戦?

こんにちは。

 

品揃えを変えず

人件費も増やさずに

売り上げを上げる

手間なしポップコンサルの鶴です。

 

エンゲイ特番に

「心の恋人❤️」

渡辺直美ちゃんが

出てなくて残念です。

 

 


 

筆ペンで手書きポップを書く。

 

黒・赤・薄墨

和風の絵を入れる。

鶴太郎かぃ!?

 

 

ちょっと芸術に寄りすぎ?

な感じしません?

 

商品を売るためのものであって

額に飾るためのものでも

ないですからね。

 

商品・場所があってれば

全然いいんですが…

何でもかんでもは

ちょっと?

 

例えば

「お酒売り場」

 

日本酒や焼酎ならいいんです。

感覚で言えばはワインも

ギリギリOKかな?

手作り感がありますからね。

 

でもビールやハイボールみたいな

ますプロダクトの

特に缶飲料は

あかんでしょ?

 

黒板ポップの回でも

言ったのですが、

うまく書けるように

なるのが目的に

なってるような…

 

それって、

 

オナニーで、

自己満足なんじゃない?

 

書く方の目線で

いくらいいものが出来ても、

当たり前ですが

売れません。

 

いかに価値を伝えるかが

もっとも重要ですからね。

 

上手く書こうとするから

できる人しかやらなくなるし、

出来ないと思い込んでる人は

やらないから、結果が出ない。

 

結果が出ないから

ますますやらなくなる。

 

う〜ん。まさに悪循環。

 

とりあえず、

誰もが続く方法を

考えましょう!

 

ポップで有名な

ビレッジバンガードさん。

 

創業者の菊池さんが

創業期のことについて書かれた

「菊池くんの本屋」によると、

「ポップはそんなに好きじゃない」らしいです。

 

でも売るために必要だから、

売りたいものがあるから、

書くわけです。

 

売り込まずに

売りたい商品を売る

 

そのためのポップですから。

 

そこは押さえておかないと…


 

とはいえ、

ものは試しにやってみた!

 

意外と嫌いじゃないんだなぁ〜

これが。

 

中身の書き方が

知りたい方は

ぜひセミナーに

お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

ハートランドを飲みながら、風向きを考える。

こんにちは。

 

品揃えを変えず

人件費も増やさずに

売り上げが上がる

 

そして

 

ベビーフットで

一皮剥けた!

 

手間なしポップコンサルの

鶴です。

 

昨日はアレの話でしたが、

もう一つのソレの話は

すいません。

また後日で。

何をやってもダメな時って

どうしますか?

 

 

 

配牌がバラバラだけど

九種九牌って訳でもない。

 

風に関係ない字牌ばかり

重なる。

 

カンチャンが一つも入らない。

 

逆に筋を切ったら、

カンチャンで待たれてて、

振り込んでしまう。

 

3、9ピンを切ってるのに

6ピンでしかも

ダマテンって!

 

親の一本場、

ハネマン狙える

イーシャンテン。

そこで、あっさり

役牌のみで流される。

 

(こうなったら、

マニアックな

女性向けでない話題で

ガンガン推していきますよ。)

 

 

マージャンに限らず、

ギャンブルでは

よくある話じゃないかと

思うのです。

 

結局、

勝てる人は

このような時にいかに

マイナスを少なくするか?

に注力してます。

 

しかしこれは

一朝一夕にできること

ではありません。

 

普通の人は

なんとか

その場で取り返そうと、して、

さらにドツボに

はまってしまう…

 

「一喜一憂しない」

 

株で大損こいた時に

ついつい

愚痴っちゃったんですが。

 

それに対して、

知り合いの女性に

言われた一言。

 

いやぁ〜

なんだか彼女

違うなぁと思ってたんですよね。

そこはかとなく

漂う大物感。

とでもいうのでしょうか?

 

別に上司だとか

偉い先生だから

気づきが与えられる。

というわけでは

ありません。

 

どこにでも

気づきはあります。

 

気づくかどうか?

 

取り返しのつかない失敗を

起こさない。

くらいの程度で

一喜一憂しないのが

いいんじゃないかと

思うんです。

 

商売でも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.