こんにちは。

 

品揃えを変えず

人件費も増やさずに

売り上げを上げる

手間なしポップコンサルの鶴です。

 

 

 

時速60マイルで走る
新型ロールスロイスの車内で、
唯一聞こえるのは、
電子時計の音だけだった。

d-ogilvy-rolls-801x1024

広告の父

デイビッド・オグルビーの

1950年代に書かれた有名なコピーです。

 

直接、特徴やスペックを
語ることよりも、
ストーリーと情景の描写で
伝えたいことを伝える。

 

理想的なキャッチコピーです。

 

おかげで、ロールスロイス

売れすぎて(50%アップ!)

生産が追いつかなくなったとの

伝説まで生まれたこのコピー。

 

 

でもこれも、元ネタが
あったりするんですよね。

 

 

0から1を作るのは
大変ですからね。

 

とはいえ、

今ある1を

そのまま真似ると

コピーです。

 

単なるパクリは

ダメでしょ?

 

ただ1から

1、1にするのは

割と簡単でしょ?

 

あなたの言葉で

語ればいいだけですから。

 

使う場所を変える。

 

使う相手を変える。

 

これでも全然オッケー!

 


 

ただ、流行り物に乗って

単なるパクリをするのも

先ほど書いたように

ダメなんですが…

 

もっとダメなのが

逆に

オリジナリティを

出そうとしすぎて、

いらないものを

足しすぎるみたいな…

 

あるでしょ?

たまに。

 

いやいや、台無しですやん。

みたいな。

 

まぁ、私もたまにやるんですけどね。

 

巷で流行ってる

「〇〇」

見よう見まねで

作ってみたんですが…

 

あぁ、大失敗!

 

クックパッドくらい

みればよかった。

 

 

 

今日は短めで終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.