ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

Date: 2016年9月6日

お客様を逃さない〇〇の黄金のルール

こんにちは。
激安の殿堂直伝
「手間なしPOP」コンサルタントの鶴です。

 

新規のお客様に
来ていただくのに
かかる費用は、
すでにいるお客様に
再度リピートしていただく場合に比べて
およそ6倍の費用が
かかると言われています。

 

でも実際響かないんですよねぇ。

 

「リピートのお客様を
大事にしましょう。」
って言ってもね。

 

みなさん、
新規のお客様に来てほしくて
バカ高い広告費を
毎月毎月払うんです。

 

もちろん、新規のお客様にも
来ていただかないと
ダメなんですよ。

 

ただ、
一所懸命タライに水を汲んでも
底が穴だらけだったら
いつまでたっても
水がたまりませんよね。

ーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで、
昨日に続いて
「塚田農場」の話です。
ーーーーーーーーーーーーーーー

「80対20の法則」
まぁ、何となく聞いた事
あるって方も多いと
思いますが、

 

上位20%が結果の80%を
占める。

ってやつですね。

 

お店でいうと、
20%の上得意のお客様が
売り上げ全体の80%を、
利益の80%は
20%の商品から。とか。

 

「塚田農場」は
中でもこの20%のお客様を
増やすことに重点を
置いていますよね。

 

何か言い方が変に
なってしまいましたが、
20%に入りそうなお客様を
常に増やす取り組み。
って感じかな?

もともと、
他の居酒屋さんのリピート率が
30%ほどなのに対して、
「塚田農場」のそれは
60%を超えているらしいです。

そこから、さらに
「専務」以上の
お客様をいかに増やすか?

 

客単価4000円の10%、
400円の範囲で
アルバイトの若い女の子にも
裁量権が与えられています。

 

それを、
サプライズとして
お客様に提供するんですね。

 

いくら権限移譲とはいえ、
もちろん
それ(サプライズ)にも
原価は掛かっているわけですから、
コスト意識も必要になってきます。

 

普通のお店のアルバイトなら
そんなこと考えません。

 

やらされ仕事が主ですから。

 

店長以外は
(もしかして店長も)
やらされ仕事のお店と、
全員がコスト意識
(いわゆる経営者マインド)を
持っているお店と
どちらが選ばれると
思いますか?

 

どちらが、
本気でお客様のことを
考えるでしょう?

 

あなたのお店でも
アルバイトのあの人に
ポップ一枚書いてもらうだけで、
経営に参加してるマインドに
なってもらえるのでは?

結果が目に見えれば
さらにいろんな工夫を
考えるようになるとすれば?

 

 

ファンはなかなか裏切りませんよ。

 

ファンはあなたを紹介してくれますよ。

 

それが「口コミ」になるから
新規集客のための
広告費の削減にもつながりますよ。

 

もっともっと、
ファンを増やすように
頭を使いましょう!

 

もっともっと、
ファンをえこひいきしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー

主任からスタートして、
課長、部長、と昇進して行き、
会長まで行って
その次、51回来店すれば
シークレットの役職になれます。

まぁ、シークレットとはいえ、
神馬師匠はとっくに
その役職に
ついておられるわけですが。

わかってても、
欲しいなぁ。
手帳。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

値上げしたけりゃ、ポケモンよりも塚田にGO!

こんにちは。

激安の殿堂直伝
「手間なしPOP」コンサルタントの鶴です。

 

突然ですが、キャッチコピーが
変わりました。

そこらへんの話は
また後日するとしまして…

しばらくこれでやっていこうかなぁ。

1にテスト、
2にテスト、
3、4がなくて
5にテストということで。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

久しぶりに、
「塚田農場」に行ってきました。

あくまで個人的な意見として
聞いてもらいたいのですが。

どうでしょう?
料理自体、 特別美味しいって
こともないですよね?

しかも、客単価の平均が
一般的な居酒屋さんの
平均2800円を大きく上回る
4000円強だとか。

昨日もホットペッパーの10%オフ
クーポンを使ったにもかかわらず、
3人で15、000円を
超えてましたから。
(Hさんごちそうさまです。
出世したら返すね〜)

 

それではそんな「塚田農場」に
なぜまた行ってしまうのでしょう?

 

「ゲーミフィケーション」を
習っている身からすれば、
数々のゲームのノウハウが
使われているから。
ということになるのですが。

「来店回数に合わせて
出世していく名刺」とか、
「お土産の味噌」とか。

客単価4000円のうち、
10%の400円を
サプライズのために使う。

最初のお通しが
380円ですから、
ちょうどそれくらいを
メニュー以外に使うわけです。

お通し無料!で値引きされても
なんの感動も生みません。

しかも、アルバイトの若い女の子に
その裁量権が与えられる仕組みとか。

「口コミ」と
「リピーター」を
集める仕組みとか。

ゲームのノウハウが
山盛りです。

 

では、なぜ丸パクリの
「山内農場」には
一度行っただけで
行かなくなってしまったのでしょう?

 

やはり最終的には「人」
なんじゃないのかな。
と思いますね。

実際のところ、
同じ「塚田農場」でも
店によってレベルが
少し違うなぁ。
と、思うところがあったりもします。

表面的に真似することは出来ても
中身が一番大事でしょ。
ってことですね。

あなたのお店はどうでしょう?

ドン・キホーテが関西に
進出してきた頃に
『ナカヌキヤ』ってお店が
あったのを覚えてますか?
中川無線がやってたお店。

山積みなどの形だけを真似て、
オープンしたものの
速攻潰れてましたね。

参考にすべきは
「本質」であり、
「中身」です。

「塚田農場」の「本質」をマネて、
リピートのお客様を増やしましょう。

そして、どんどん値上げしましょう。

ーーーーーーーーーーーーー

お土産の味噌のタッパーを持っていくと
それにも味噌を詰めてくれるのですが、
毎回忘れるんですよね。
ちゃんと、洗っておいてあるのに…

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.