ワクワクPOP通信(マスター編)

ロングステイ戦略こそが売り上げを上げる唯一の方法です

魚のいるところで釣りをする

2016/08/29

Pocket

こんにちは。
「ワクワクPOP」マスターの鶴です。

小型船舶免許の更新に
行っていないので、
未だに4級のパウチのやつを
持っています。

しかも何度か水没したので
ふにゃふにゃです。

どちらにしても更新しないと
使えないんですけどね。

今の所、乗る予定が無いので、
2級の更新講習に行くことも
ないのかなぁ。
めんどくさいし、
結構な金額を取られるし。

そういえば、
販売士3級っていう
今となっては全く必要ないのとか、
防火管理者とかも更新せずに
どこかに行っちゃいました。

話は戻って、
なぜ船舶免許を取ったのかと
言いますと、もちろん釣りに
行くため。
あっ、バス釣りです。

それまでは
釣りの先輩みたいな人に
ついていくことがほとんどでした。

ですので、
免許は彼らが持ってましたから、
特別必要がなかったんです。

1隻にひとり、
免許を持った人間、
船長さんがいれば
誰が運転してもいいので、
免許はなくても
よく運転はさせてもらってました。

ここだけの話、
山奥の池◯ダムとか
最初から免許の確認も
無かったりしましたよ。

ブーム以降は、
さすがにダメだったみたいですが。

みたい、と疑問形なのは、
あまりにブームだったので、
スポーニングの時期なんかは、
ボートの予約が1年待ちみたいな、
ひどい状況だったので、
行くのをやめたから。

(ちなみにスポーニングの時期とは
春先の産卵期のことで、
例のダムで日本記録の魚が
釣れたりしてました)

そうなると、すっかり
熱が冷めちゃうんですが。

では本当のところ、
なぜ免許を取ったかというと、
女の子に(しかもわりとタイプの)
「連れて行って欲しい〜」
なんて言われたから。

しかし、
いざ船長デビューとなると、
今まで、
「先輩お任せします」
みたいな感じでやってたので、
どこのポイントが
今釣れるのかが全然わからない。

魚群探知機を必死で見ながら、
いろいろ回ったんですけど
結局坊主(0匹のことね)でした。

女の子は早々に飽きて、
興味は無くなるし、
朝はあんなにおしゃべりだったのに…

結局、早々に切り上げて、
あわよくば!みたいな期待も
全く無く…
静かに晩御飯を食べて、
静かに家まで送って行った。

散々な船長デビューでしたね。

で、このエピソードを
強引にビジネスとか
マーケティングの話に
持って行こうと
思ったのですが…

まぁ、タイトルが全てってことで、
いいんじゃないかな?

ということでおしまい。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

-マーケティング