Pocket

こんにちは。
「ワクワクPOP」マスターの鶴です。

タイトルにある数字、
小売の世界では
よく聞くフレーズなんですが。

これ、
『約8割の』とか、
『86%の』とかより、
『86.5%の』と、
小数点以下を一桁!
入れただけなのに
途端に信憑性が増します。

逆に
『86.48%』なんて感じの
二桁にすると
胡散臭くなります。

いまだに
チラシの裏の白いところに
買い物するものを
メモして買い物に!
なんてお客様も
いらっしゃいますが、
それだけを
買って帰られても、
お店の側からすると
意味がありません。

特売のチラシも
同じですね。

集客商品のみを
買って帰られたのでは。

さらに
いわゆる
プライスカード型のポップ
(商品名と価格しか
情報が書かれていないもの)
しか付けられていない場合、
値段で選ばれて終わり。

せっかく選ばれるチャンスなのに…

自ら試合放棄!
してしまってるみたいなものです。

もちろん、
バーゲンハンターと呼ばれる
1円でも安い店を!みたいな
お客様もいらっしゃいます。

電波少年の鮒子のような(懐かしい)

そんなお客様を
呼び寄せているのは、
または目立たせているのは、
お店の側ではないですか?

価値のある商品を
価値のない商品に
してしまってはないでしょうか?

欲しいと思っていた商品を
欲しいと思っていたお客様に
提案する。

繰り返しになりますが、
そのために
ポップを書きませんか?

本当は
手書きの方がいいのも
知ってます。

でも、続かない理由も
知ってます。

「うまく書けないから」
「字が下手なんで」

そこで
「ワクワクPOP」では
エクセルのテンプレートを
用意しています。

せっかく選ばれるチャンスなんですから、
お店にとっても
お客様にとっても
最も良い選択になるように
プロのあなたが
提案すべきです。

とりあえず、
自分の好きな商品を
一つ選んで
なぜ好きなのか?
お勧めする理由を
書いてみましょう。

よくある
「店長オススメ!」
だけじゃあダメですよ。

誰が、なぜ?
オススメなのか?

「〇〇担当の〇〇です。
まだ、入社して◯年と
ヒヨッコなのですが、
この〇〇が〇〇に
こんなに合うなんて。
正直ビックリしました。」

みたいな。

まずはアイキャッチ。
見つけてもらってナンボ。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.